スマートアシストは本当に止まるのか?

こんにちは。リベラルカーズ矢巾の袖林です。
最近自動ブレーキという言葉をお客様からもよく聞きますが、メーカーによって呼び名が違うだけではありません。
止まる条件も大きな違いがある事をご存知でしょうか?

目次

  • 採用されているセンサーの種類
  • メーカーごとの違い
    トヨタセーフティセンスC
    トヨタセーフティセンスP
  • まとめ

採用されているセンサーの種類

自動ブレーキシステムで採用されているセンサーは3種類です。

●ミリ波レーダー
※ミリ波帯の電波を利用し、雨・雪・霧の中や夜間でも、およそ100メートル以内にある物体の位置を検出する。

【メリット】
・遠くの障害物も検知する
・天候に影響されにくい
【デメリット】
・コストが高い
・自転車や人を障害物と判断しない

●赤外線レーザー
※長い波長のレーザー光を発生させる外線レーザー

【メリット】
・コストが安い
【デメリット】
・検知距離は約30mと言われている
・自動ブレーキ作動速度は時速30kmが限界

●ステレオカメラ
対象物を複数の異なる方向から同時に撮影し、その奥行き方向の情報も記録できるようにしたカメラ

【メリット】
・形状を認識でき人間や自転車などを見分ける
・検知距離や角度がある程度あり自動ブレーキで止まる距離をカバーできる
・比較的安い
【デメリット】
・天候に左右されることがある
・逆光などの光に弱い

他にも搭載しているカメラやレーダーによって前方を走行するクルマだけでなく歩行者や自転車を検知して作動するタイプと歩行者や自転車は対象外も物もあります。

自動ブレーキだから「ブレーキを自動で行い停止する」という事ではないのです。

メーカーごとの違い

トヨタセーフティセンスC

赤外線レーザーと単眼カメラを併用した緊急自動ブレーキです。
衝突が迫っている時は高速域でも警報で危険を教えてくれますが、緊急自動ブレーキは時速80キロ以下での作動となります。

歩行者は検知しないです。

緊急自動ブレーキの他に車線逸脱警報も行ってくれます。
低価格でアクアやヴォクシーなど幅広い車種に搭載されています。

トヨタセーフティセンスP

ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した緊急自動ブレーキです。
高速域でも作動して歩行者を検知することもできる優れたシステムです。

プリクラッシュセーフティ

ミリ波レーダーを使った緊急自動ブレーキです。
高速域で自動ブレーキを作動させることができますが歩行者を検知することはできないです。
性能はあまり良くないと思います。

ホンダ
シティブレーキアクティブシステム

赤外線レーザーを使用した低速用(時速30キロ以下)の緊急自動ブレーキです。
軽自動車やコンパクトカーに搭載されています。

ホンダセンシング(中級車種)

ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した緊急自動ブレーキです。
高速域でも緊急自動ブレーキが作動して歩行者も検知してくれます。

日産
赤外線レーザー

主に軽自動車に仕様している緊急自動ブレーキです。
時速30キロ以下で作動するようになっています。

単眼カメラ

単眼カメラを搭載した緊急自動ブレーキです。
日産の主力は単眼カメラ方式でクルマは時速80キロ以下、歩行者は時速60キロ以下で作動します。

ミリ波レーダー

ミリ波レーダーを使用した緊急自動ブレーキです。
ミリ波レーダーは車両しか検知しませんが、2台先のクルマまで検知することができます。
歩行者は検知しませんが、車両だけに関しては検知能力が高いです。

マツダ
スマートシティブレーキサポート

赤外線レーザーを使用していて時速30キロ以下で作動する緊急自動ブレーキです。

スマートブレーキサポート

赤外線レーザーとミリ波レーダーとカメラを併用した緊急自動ブレーキです。
高速域でも作動できて、車線逸脱警報システムも搭載しています。

歩行者は検知しないです。

スバル
アイサイトバージョン2/3

2つのカメラを使用した高性能な緊急自動ブレーキです。
高速域で緊急自動ブレーキを作動させるだけでなく歩行者や自転車を検知することができます。

スズキ
レーダーブレーキサポート

時速30キロ以下で作動する赤外線レーザーを使用した緊急自動ブレーキです。
歩行者の検知はしないです。

レーダーブレーキサポートⅡ

ミリ波レーダーを使用した緊急自動ブレーキです。
高速域でも自動ブレーキが作動しますが歩行者は検知しないです。
前方のクルマに自動で追走するクルーズコントロールの機能も備えてあります。

デュアルカメラブレーキサポート

2つのカメラを搭載している高性能の緊急自動ブレーキです。
歩行者を検知して、車線逸脱の警報も行ってくれます。

ダイハツ
スマートアシストⅡ

赤外線レーザーと単眼カメラを併用した緊急自動ブレーキです。
時速50キロ以下で作動して歩行者も検知します。

三菱
e-アシスト

カメラとミリ波レーダーを併用した緊急自動ブレーキです。
歩行者の検知はできませんが、車線逸脱の警報を行うことができます。

まとめ

この様にメーカーによって様々な違いや、同メーカー内でも採用システムに
よって作動の違いが有ります。
上限の時速100キロ以下でないと作動しないものや時速30キロ以下でないと作動しないタイプもあります。
自分のクルマについている自動ブレーキが何キロのスピードで作動するのかを知っていないといざって時に意味が無いのでは困りますよね。

他にも搭載しているカメラやレーダーによって前方を走行するクルマだけでなく歩行者や自転車を検知して作動するタイプと歩行者や自転車は対象外も物もあります。

自動ブレーキだから無条件にブレーキを自動で行い停止する!という事ではないのです。

自分だけでなく同乗者や相手を守る為にも確りとカーライフに合った
装備を選びましょう。 いくら良い装備だとしても自分の使い方にフィットして
いなければ意味が有りませんから。

The following two tabs change content below.
袖林翔太

袖林翔太

カーライフ・アドバイザーリベラルカーズ矢巾
袖林翔太

最新記事 by 袖林翔太 (全て見る)

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る

最近書いた記事

関連の記事

backtotop backtotop