LINE査定  車検予約 車検予約

中古車の売買と契約について

Q
中古車を初めて買うとき注意することは?
A

大きく分けて機械部分・内装・外装の3方面から確認すれば良いでしょう。

  1. 機械部分についてはエンジンの調子・ハンドルの操作・ブレーキの効き具合
  2. 内装についてはシートやドアの汚れ・各種スイッチの動作確認
  3. 外装についてはボディのキズやへこみ・ボディの歪み・ボディの色
  4. また、タイヤ・トランク・ボンネットもとりあえず開けて中を覗き、整備記録簿にも目を通しましょう。 当然の事ながら、試乗をさせてもらいましょう。 疑問があればその場で中古車販売店の人に質問し、回答があやふやだったり、 対応が悪い場合はその中古車販売店で購入するのは避けた方が良いでしょう。
Q
注文書にサインする前に注意することは?
A

ご契約を結ぶ時は、注文書をよく読み契約内容を確認します。 その際に裏面の特約事項も忘れずに読みます。特約事項を読む事によって契約後、 中古車販売店との金銭的トラブルを防げます。そしてまず中古車の購入価格、クレジット販売であれば頭金の金額や支払条件、 手数料、下取車がある場合は、その車の自動車税をチェックし、トータルの価格を確認します。 最後に保証内容とその他のサービスをチェックします。以上の点を契約の際に確認し、注文書にサインしましょう。

  下取り車がない場合 下取り車がある場合
印鑑証明 ○(3枚)
車検証 ×
車庫証明
自賠責保険 ×
自動車納税証明書 ×
印鑑 ×

<軽自動車の場合> 軽自動車の場合は、自動車検査証記入申請書に必要事項を書き込み、認印を押して住所が確認できる住民票などを用意すれば OKです。

Q
車庫証明の取り方は?
A

所轄の警察署で申請します。自宅から直線で2km以内に道路からの出入りが出来る保管場所を確保し、 書類の申請を行うと車庫証明は発行されます。

車庫証明の申請に必要な書類

  1. 証明申請書
  2. 標章交付申請書
  3. 所在図(車庫付近の道路や建物など保管場所周辺の状況がわかる地図)
  4. 配置図(車庫に面した道路の幅や入り口、駐車スペース、寸法を記入)
  5. 自認書(自己所有の土地の場合)
  6. 保管場所使用承諾書(他人所有の土地の場合)

以上の書類と印鑑を用意し警察署の交通課窓口で申請の手続きをします。都道府県証紙代は都道府県によって多少異なりますが、2,600円程度です。これらの書類は警察署に揃っています。
※車庫証明を取らないと車の登録は出来ません。
予備知識:軽自動車の場合保管場所の住所によっては、車庫証明書を登録後に警察へ提出しなければなりません。

Q
契約した後でもキャンセルできる?
A

できます。
ケースによっては実費の負担がある場合もあるので、契約書にサインする前にじっくり考えることが必要です。 キャンセルする時は、1日も早く中古車販売店に連絡します。手付金は戻りませんが、法律上は違約金を払う必要はありません。 しかし担当者との話し合いにより、ケースバイケースです。中古車販売店がすでに自動車を整備に出していたり、 オプション装備をすませてしまっている場合などはかかった経費を請求されることもやむを得ません。

自動車の登録方法

Q
自分で自動車の登録できますか?
A

できます。中古車を買ったときは、所有者を自分の名前にするための移転登録(名義変更)の手続きをします。一度、廃車(抹消登録)されてナンバープレートがついていない場合は、新規登録になります。
※注)但し、当社にて購入して頂いた車の登録は、当社にて行います。

移転登録に必要な書類

  1. 申請書
  2. 手数料納付書
  3. 車検証
  4. 印鑑証明書(新・旧所有者)
  5. 委任状(新・旧所有者の実印を押したもの)
  6. 譲渡証明書
  7. 車庫証明書
  8. 自動車税・取得税申告書
  9. 自賠責保険証明書(特に陸事には必要ない。新規の時のみ)

申請書、手数料納付書、自動車税・取得税申告書は陸運支局に揃っています。
重要なのは譲渡書類で、この書類には新・旧所有者の住所と名前、旧所有者の実印が必要です。手続きは、新所有者の所在地を管轄する陸運支局で行います。陸運支局の管轄が同じ場合は書類の手続きだけですみ、管轄が異なる場合はナンバープレートが変更になるので、車を持ち込みます。ナンバープレートの費用は1,500円程度で、その他に登録印紙代500円、申請書30円程度が必要で、更に代書屋に代書を依頼する場合は別途料金がかかります。

<軽自動車の場合>

軽自動車の場合、自動車検査証記入申請書に必要事項を書き込み、新・旧所有者の住所と名前を記入して認め印を押し、住民票(住んでいると証明となる物)などを用意して申請します。用紙代は手数料込みで80円程度です。管轄が異なれば、ナンバープレートが変わりますが封印がないのでナンバープレートを持って行けば、車を持ちこむ必要はありません。ナンバープレート代は普通車と同じです。

Q
一回廃車した車にまた乗れる?
A

乗れます。一度廃車(16条抹消)登録した車に再び乗るには、「新規登録」を行います。抹消した時点で、車検も無効となっているので車検、「新規検査」も同時に受けることになります。

<新規登録・新規検査に必要な書類>

  普通車 軽自動車
申請書 ○(所有者、使用者の認め印を押したもの)
手数料納付書

抹消登録証明書
跋渉登録証明書
譲渡証明書 ○(旧所有者の実印を押したもの)
軽自動車検査証返納確認書
印鑑証明書 ○(新所有者・新使用者)
委任状 ○(新所有者・新使用者の実印を押したもの)
住民票
車庫証明書
自動車重量税納付書
自動車重量税納付書
自賠責保険証
定期点検記録簿

申請書、手数料納付書は陸運支局に揃っています。新規登録は、まず書類の受け付けをし、新規検査の予約をします。その後に、車検のコースで検査を受け、合格してから登録の手続きをします。次に、税申告をして自動車税を払うと、ナンバープレートが交付されます。ナンバープレートを車に取り付けて、封印をうけます。ナンバープレートの費用は1,500円程度で、その他に登録印紙代700円、新規検査に印紙代1,500円程度、重量税、自賠責保険料などがかかります。ナンバープレートの付いていない車は、公道を走れないので陸運支局までキャリアカーで運ぶか、市区町村の役所で仮ナンバーを申請し、それを付けて走ります。

<軽自動車の場合>

軽自動車の場合、新規検査申請書に、返納届の手続きをしたときにもらった軽自動車検査証返納確認書の車に関する内容を記入し、所有者、使用者の住所と名前を書き込み認め印を押します。新規検査は1,400円で、ナンバープレート代は普通車と同じです。

ナンバープレートの取得方法

Q
自分の好きなナンバーを取る事はできる?
A

できます。平成10年5月から数箇所の陸運支局が試験的に「希望ナンバー制」を導入しました。残りの陸運支局においても平成11年5月には導入されました。(軽自動車は、除く)手続きは、いままでの登録とは別に「希望のナンバーを申請する」という処理が増えます。希望番号には「抽選対象希望番号」と「一般希望番号」があります。自分で選ぶことができるのは一連番号(1~99-99)の部分のみです。

1. 申込に必要なもの

  • 使用者の住所・氏名・連絡先(TEL)
  • 自動車の型式(一般希望番号)
  • 車台番号またはシリアル番号(抽選対象希望番号)がわかるもの(車検証等)
  • 抽選対象希望番号の場合-「抽選対象希望番号申込書(様式1)
  • 一般希望番号の場合-「一般希望番号申込書(様式2)」

2. 希望番号(抽選対象・一般)

4桁以下のアラビア数字の部分のみが自由に選べます。
特に人気が高いと考えられる番号については自家用自動車に限り抽選制(月~金曜日受付分を翌週月曜日抽選)とします。
抽選対象の番号は全国一律の14通りのほか、特定の地域名表示に限り抽選対象希望番号が追加設定されています。

1 7 8 88 333 555 777 888 1111 2020 3333 5555 7777 8888

3. 交付手数料(ナンバープレート代)

希望ナンバープレートは、注文製作となるなどの理由から下記の手数料になります。
また、交付手数料は申込みの際に支払うことになります。(詳しくは各センターにお問い合わせ下さい)

 地域 大型ペイントナンバー 中型ペイントナンバー 大型字光式ナンバー 中型字光式ナンバー
東京・神奈川地区 4,840円 4,100円 6,260円 5,300円
埼玉・千葉地区 4,940円 4,200円 6,360円 5,400円
茨城・群馬・山梨・栃木地区 5,040円 4,300円 6,460円 5,500円

*上記金額は前後面2枚の金額です。
*字光式ナンバーを取り付ける場合は、別途「透過式番号灯装置」が必要となります。

 

Q
ナンバープレートを紛失してしまったら?
A

ナンバープレートを紛失したり破損したときは、警察へ紛失あるいは盗難届けを出して受理番号をもらいます。そして、管轄の陸運支局で「自動車登録番号の変更」という手続きをし、ナンバープレートを2枚とも新しいものに変えます。手続きには書類の他に、「理由書」が必要になります。理由書には、警察への届け出と同じ「なくなった年月日と場所」「届け出をした警察署と受理番号」「手続き終了後にナンバープレートが見つかった時は、すぐに陸運支局に返却します。」という誓約文を書き、使用者(所有者と違う場合は双方)の住所、名前を記入して印鑑を押します。

※自動車登録番号の変更に必要な書類

  1. 車検証
  2. 理由書
  3. 委任状(所有者の印鑑を押したもの)
  4. 残っているナンバープレート

委任状に所有者の実印を押したものが必要です。新しい車検証が発行されたら、ナンバープレートを受け取り、車に取り付け封印をうけます。ナンバープレートの費用は1,500円程度です。ナンバープレートの付いていない車は、公道を走れないので陸運支局までキャリアカーで運ぶか、市区町村の役所で仮ナンバーを申請し、それを付けて走ります。

<軽自動車の場合>

軽自動車の場合は、自動車検査記入申請書に必要事項を記入し、認め印を押します。用紙代は手数料込みの80円で、ナンバープレート代は普通車と同じですが、封印がないので車を持ちこむ必要はありません。(約20,000円位)

車にかかる税金について

Q
自動車重量税とは?
A

自動車重量税とは、新車と中古車の新規車検や継続車検を取る時課税される税金で乗用車・貨物車・特殊用途車などの用途別に算出方法や税額が違います。(別表参照)この重量税は廃車にした場合のみ未経過分の還付が受けられます。

  1t以下 1〜1.5t以下

1.5〜2t以下

2〜2.5t以下 軽自動車 
3年 37,800円 56,700円 75,600円 94,500円 13,200円 
2年 25,200円 37,800円 50,400円 63,000円 8,800円 
1年 12,600円 18,900円 25,200円 31,500円  4,400円 
Q
自動車税とは?
A

自動車税とは、毎年4月1日に車の所有者(クレジットで購入の場合は使用者)に対して登録してある住所の都道府県税として課税されるものです。乗用車の場合は総排気量が大きくなるほど税額も高くなります。 また、貨物車の場合は最大積載量が重くなるほど税金も高くなります。(※1 貨客兼用車は総排気量と最大積載量によって課税されます)年度の途中で購入した場合の新規登録(新車またはナンバーが付いていない車の中古新規)及び移転登録(他府県からの転入)・変更登録(他府県からの住所変更)をすると、その翌月から年度末までの金額を納税します。※2 4月1日の時点で1年分納税されている方で年度途中で他府県への転出や抹消登録をすると未経過分はその方に還付されます。ちなみにガソリン車は初度登録から14年目、ディーゼル車は初度登録から12年目より10%増で課税されます。

※1 貨客兼用車とは、荷物を載せるか載せないかで乗車定員や最大積載量などが変化する車のことです。
車検証の内容としては乗車定員や最大積載量などに数字が2通り記載されます。(カッコ付けされます)

※2 18年4月1日より自動車税の月割の仕組みが廃止されました。それにより還付制度そのものが無くなります。(廃車のときのみ還付される)

<軽自動車の場合>

軽自動車税とは、毎年4月1日に車の所有者(クレジットで購入の場合は使用者)に対して登録してある住所の市町村税として課税されるものです。自動車税とは違い、もともと月割の仕組みが無いため年度途中での課税はされません。また還付制度もありません。

動車税・軽自動車税の納税期限はその年の5月31日です。尚、継続車検を受ける時や車を売却する時は納税証明が必要になりますので大切に保管しましょう。

<自動車税月割り税額表>

この表は登録した月の欄をそのまま参照すれば良いように作成してあります。(単位/円)

  参考年税額 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
6000cc以上 111,000 101,700 92,500 83,200 74,000 64,700 55,500 46,200 37,000 27,700 18,500 9,200 0
4,501〜6,000 88,000 80,600 73,300 66,000 58,600 51,300 44,000 36,600 29,300 22,000 14,600 7,300 0
4,001〜4,500 76,500 70,100 63,700 57,300 51,000 44,600 38,200 31,800 25,500 19,100 12,700 6,300 0
3,501〜4,000 66,500 60,900 55,400 49,800 44,300 38,700 33,200 27,700 22,100 16,600 11,000 5,500 0
3,001〜3,500 58,000 53,100 48,300 43,500 38,600 33,800 29,000 24,100 19,300 14,500 9,600 4,800 0
2.501〜3,000 51,000 46,700 42,500 38,200 34,000 29,700 25,500 21,200 17,000 12,700 8,500 4,200 0
2,001〜2,500 45,000 41,200 37,500 33,700 30,000 26,200 22,500 18,700 15,000 11,200 7,500 3,700 0
1,501〜2,000 39,500 36,200 32,900 29,600 26,300 23,000 19,700 16,400 13,100 9,800 6,500 3,200 0
1,001〜1,500 34,500 31,600 28,700 25,800 23,000 20,100 17,200 14,300 11,500 8,600 5,700 2,800 0
1,000以下 29,500 27,000 24,500 22,100 19,600 17,200 14,700 12,200 9,800 7,300 4,900 2,400 0
軽乗用車 7,200
軽商用車 4,000

*上記金額は前後面2枚の金額です。
*字光式ナンバーを取り付ける場合は、別途「透過式番号灯装置」が必要となります。

 

リサイクル法について

Q
リサイクル法について
A

ゴミを減らし、資源を無駄遣いしないリサイクル型社会を作るために、クルマのリサイクルについてクルマの所有者、関連事業者、自動車メーカー・輸入業者の役割を定めた法律です。
現在、年間で約350万台程度のクルマが廃車されています。クルマは鉄などの有用金属から製造されているため、総重量の約80%がリサイクルされ、残りの約20%がシュレッダーダスト(クルマの解体・破砕後に残るプラスチックくずなど)として、これまで主に埋立処分されてきました。
ところが近年、この最終処分場の容量が不足してきたこと、これに伴って処分費用が高騰してきたことなどから、廃車の不法投棄・不適正処理の懸念が生じていました。 また、カーエアコンに冷媒として充填されているフロン類は、きちんと回収処理されないとオゾン層破壊や地球温暖化問題を引き起こす要因となってしまうこと、さらに、エアバッグ類は自動車解体時に専門的技術が必要とされることなどから、これらを適正に処理するため、新しいクルマのリサイクルの仕組みとして自動車リサイクル法が作られました。

自動車用語辞典

Q
車のスタイルについて
A

よく「セダン」や「クーペ」など車のスタイルを表す単語を耳にしますが、どんなスタイルの車なのでしょう?

コンパクト

リアハッチをもち、ワゴンほど室内が広くないボディタイプです。ドアの枚数は主に3ドアと5ドアがあり、乗車定員は4~5人が一般的。トールタイプと呼ばれるボディタイプもここに含まれます。
例えばこんな車:トヨタヴィッツ、日産マーチ、ホンダフィット など

セダン

エンジンなどが納まるフロント部と客室、そして荷室が仕切られた3BOXと呼ばれる形に、前席2、後席2の合計4枚のドアを有するクルマです。乗車定員は4~5人。タクシーに使われたり豪華な装備を満載した高級車も多くあることなどから、人を乗せ快適に移動することに注力したクルマです。街乗りからロングドライブまで快適にこなし、荷室にはゴルフバッグやベビーカーなど大きなものも積める、1台で何役もこなせる万能タイプです。
例えばこんな車:トヨタセルシオ、トヨタクラウン、日産シーマ など

ステーションワゴン

セダンの荷室を延長拡大し、リアハッチを採用しているので、形的には2BOXとなります。走行性能や取り回しはセダンに近く、それに広い荷室がプラスされています。乗車定員は4~5人、排気量は2~3Lが一般的です。
例えばこんな車:スバルレガシィワゴン、ホンダアコードワゴン、日産ステージア など

ミニバン・1BOX

3列シートを持ち6~8人乗れるクルマです。形は横から見ると長方形に近い1BOXとフロントノーズが少し出っ張っている1.5BOXが一般的。特徴的なのがリア側のドアの形式。外側に開くタイプとスライドするタイプに大別されます。また、使い方に合わせたシートアレンジが可能なのも大きな特徴です。
例えばこんな車:トヨタアルファード、トヨタエスティマ、日産エルグランド など

SUV ・クロカン

クロカンはクロスカントリーの略で、悪路走破性を高めるため、最低地上高(地面からボディ底部までの高さ)が高く、4輪全てに動力を伝える4WDを採用しているモデルのこと。ジープなどの軍用車両が起源といえます。 SUVはクロカンの悪路走破性にセダンやスポーツカーの走行性能や快適性をプラスしたクルマです。スタイルもラフすぎずフォーマルな場所にも乗っていけるのが特徴。乗車定員は4~7人と幅広く、ボディサイズも排気量も種類が豊富です。
例えばこんな車:トヨタハリアー、トヨタランドクルーザー、三菱パジェロ など

クーペ

2ドアの2~4人乗りが一般的です。また、エンジンをフロントに置き前輪を駆動するFFと、後輪を駆動するFR、4輪全てを駆動する4WDの他に、車体中央に置き後輪を駆動するMR(ミッドシップ)などバリエーションが豊富です。
例えばこんな車:トヨタセリカ、日産フェアレディZ、ホンダインテグラ など

オープン

乗車定員は2人乗りと4人乗りの2タイプが一般的。幌はソフトトップとメタルトップの2種類、開閉方式も電動と手動の2種類あります。エンジンの搭載位置と駆動方式の組み合わせはクーペ同様3タイプです。
例えばこんな車:マツダロードスター、トヨタMR-S、ホンダS2000など

軽自動車

全長3.4m以下、幅1.48m以下、高さ2.0m以下、排気量660cc以下という規格の自動車。維持費が安く自動車税は年額で7,100円、自賠責保険(25ヶ月)が24,950円です。コンパクトより合計で25,000円以上安く上がります。ハッチバックタイプ、トールワゴン、クロカンタイプなどいろいろ選べます。
例えばこんな車:スズキワゴンR、ダイハツムーヴ、三菱ekワゴン など

バン

ミニバン、ステーションワゴン、クロカンと同じ形のものが多く、1ナンバー(自家用普通貨物車)か4ナンバー(自家用小型貨物車)が付くクルマです。 例えばこんな車:トヨタハイエースバン、日産キャラバンバン など その他 トラック、ダンプ、キャンピングカーなど特殊なスタイルはこちらでまとめています。
例えばこんな車:トヨタダイナ、いすゞエルフ など

backtotop